【コラム】ぺんぎん?推しライターがあみ出した!? ご当地限定すみっコぐらし」の正しい(かもしれない)探しかた

【コラム】ぺんぎん?推しライターがあみ出した!?  ご当地限定すみっコぐらし」の正しい(かもしれない)探しかた

旅行にでかけると、観光地めぐりより「ご当地限定すみっコぐらし」探しに明け暮れてしまう…。そんなすみっコ(特にぺんぎん?)好きライター・ますみかんが、各地を巡った経験値から、推しキャラ探しの(超個人的な)ポイントをご紹介します!

ちなみに現在までの戦利品!?はこんな感じ↓

突然語り出たけど、そもそも「ご当地限定すみっコぐらし」って何?

旅行好きのすみっコファンである私。旅行をする際、絶対に手に入れたいアイテムが「ご当地限定すみっコぐらし」(以下はご当地すみっコ)です。

「ご当地すみっコ」は名前の通り、その「ご当地」ごとの名物に身をつつんだ、その地域ならではのすみっコたちのキーボルダーのこと。例えば先ほどの写真に写っているものでいうと、

都道府県ごと限定品である、静岡限定の「富士山でぶらり」や福岡限定の「にわかでぶらり」、北海道限定の「とうきびでぶらり」、京都限定の「おいなりさんでぶらり」のほか、東北地方限定の「こけしでぶらり」温泉地限定の「おんせんでぶらり」など… コレクションする楽しさはもちろんですが、飾っておいて眺めれば、旅先での思い出が蘇るかわいさです!

※ご当地すみっコは2019年から発売元が変わったため、上記の写真の中には現在は販売していないものもあります。そのあたりは最後に説明します!

ご当地すみっコ探し、まずは王道の駅や空港の売店、サービスエリアから

ご当地すみっコは基本的にその地域限定での発売で、現地に行かないと買えないアイテム。私はそれが最大の魅力だと思っているので、メルカリや代行は使わずに、自分で足を運んで買うことにこだわって楽しんでいます。

旅先に降り立ったら、まず最初にチェックするのが駅や空港。そして車の場合には高速道路のサービスエリアの売店です。大型のサービスエリアは売り場面積が広いこともあり、全キャラ揃っている可能性が高いので非常にオススメ。中でもリニューアルをして新しくなったサービスエリアには、ファミリー層が多く訪れるのを見越してか、ご当地すみっコが数多くラインナップされているのをよく見かけます。

今年の夏には東北道の某サービスエリアに、ご当地すみっコがズラリとそろっていて。思わず持っていないコを大人買いしました!

また、サービスエリア同様に、大きめの駅の構内の売店やコンビニにも、ご当地すみっコを売られていることが多いので、ぜひチェックしてみてください。

ご当地すみっコさがし、次に狙うのは「地元のもの」を扱う道の駅や土産物店

ご当地すみっコを探す旅で、駅の売店やサービスエリアの次に覗くべきは、ふるさと館や道の駅など、いわゆる”ご当地のもの”を販売しているお店。特に名産品を扱っているなど、観光客がのぞきそうなお店には、規模が大きくなくても置いている場合があります。

地元のショッピングモールやファンシーショップ、遊園地も見逃さないで!

ご当地商品ではありますが、子どもに絶大な人気を誇るすみっコぐらしだけに、子ども達が集まる場所、ショッピングモールや遊園地などに置いてあることも。観光地で見つからない場合には、この辺りをぜひチェックしてみてください。

さびれた土産物屋のカゴの奥に…推しキャラと奇跡的に出会えた時の感動は格別!!

そしてここからは、私がここ数年の間の経験からお教えする「探しかた」とはちょっと違う、ご当地すみっコとの「出会いかた」です。

ぺんぎん?推しの人なら(たぶんとんかつ推しの人も)わかってもらえると思いますが、たとえご当地すみっコが置かれていても、自分の推しがいない…という状況も少なくありません。狭いスペースで少しでも多く売り上げる必要のある、駅構内の土産物店やコンビニではやはり、売れ筋であるとかげ、しろくま、ねこが優先的に取り扱わる傾向があるようです。

そんな時でも、あきらめてはいけません!まさか、こんなところにないよね……と思うような場所でこそ、ひょっこり出会えることがあるのです。

例えば昨年、岐阜県の白川郷へ旅行にでかけたときのこと。すべてのお土産店でご当地すみっコを探したもののぺんぎん?に出会えず、あきらめて帰ろうとした、そのとき、さびれたお土産店が目の前に…。

 

ダメもとでそこに入ると、いろんなおもちゃが山積みになっていたカゴの中に、ぺんぎん?らしき影… まさか!?と思いながらカゴの中を掘っていくとそこには合掌造りの家を手にした、ご当地ぺんぎん?の姿が!

 

「こんなところにはいない…」という諦めと偏見を捨てればきっとあなたにも、推しっコとの奇跡の出会いが待っています。

デザインやアイテムがリニューアル!「ご当地すみっコ」集めがますます楽しみに♪

余談ですが、昨年「ご当地すみっコ」の発売元が変わったようで、2020年からはデザインやアイテムが大幅リニューアルされました。

旧タイプのご当地すみっコのテーマは「○○でぶらり」でしたが、新タイプは「○○でのんびり」。デザインも一新されており、例えば名古屋の『しゃちこでぶらり』と『しゃちほこでのんびり』を比較するとこんな感じ。

これだけ変わっていると、すでに「ご当地すみっコ」を持っている地域でも、改めて新バージョンを集めたくなってしまいますね。

また、今までなかった地域の「ご当地すみっコ」も新発売され、私が在住する埼玉県のご当地すみっコも登場しました! 観光地が少なく自虐にたけた埼玉県民にとって、『さつまいもでのんびり』は、夢のようなアイテム。これはぜひ手に入れなければ、と息巻いています。

新作のジャンボキーホルダーで「あのコがいない!」悲劇に終止符!

さらに、今までのキャラごとのダイカットキーホルダーに加えて、すみっコ5人がそろったジャンボキーボルダーが登場。これなら、自分の推しすみっコがいない…という悲劇にも見舞われる心配もありません。

とはいえ、私が一番好きな「ご当地すみっコ」はぬいぐるみ。それが今後、あるかどうかが一番気になり、「ご当地限定すみっコぐらし」の発売元のAPIさんに今後の発売予定について聞いてみると…

「来年春、ぬいぐるみを発売予定です。正式リリースはもう少しお待ちください」との嬉しすぎるお返事が!!

APIさんの「ご当地限定すみっコぐらし」のサイト(https://www.jp-api.com/contents/NOD11/510421.html)をちょくちょくのぞいて、ぬいぐるみが発売されるのを待ちたいと思います!

新型コロナウイルスの感染症予防もあり、海外や人混みにいくのは難しい今年の連休。まったり「ご当地すみっコ探し」の旅で、かわいいすみっコとの出会いを楽しむのもまた一興、ですよ。

 

文/ますみかん

※掲載の情報は2020年10月時点のものです。

また、掲載商品は筆者が記事執筆以前に個人的に購入したものです。
現在は販売していない場合もありますのでご了承ください。

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2