「うんこドリル」と財務省がコラボ!小学生に大人気の「うんこドリル」で「税金」に関する知識を学べる冊子とアプリをリリース♪

「うんこドリル」と財務省がコラボ!小学生に大人気の「うんこドリル」で「税金」に関する知識を学べる冊子とアプリをリリース♪

「うんこドリル」と財務省主税局がコラボし、税金について楽しく学べる「うんこ税金ドリル」冊子版とWEBアプリ版を製作しました。
子どもから大人まで全ての国民が生きていく上で密接に関わる税金ですが、意外と詳しく知らないという方も多いハズ。
子どもたちの中には「そもそもなんで税金って払わないといけないの?」という子もいるでしょう。
そこで、うんこドリルと財務省主税局がタッグを組みました!
うんこドリルで発揮したユーモアでハードルを下げ、税金が身近なものであることを知り、「税金って何のためにあるのだろう」と考えるきっかけを創出します。

インパクト大!冊子版の「うんこ税金ドリル」♪


冊子版の「うんこ税金ドリル」には、全部で5問の問題が収録されています。
”うんこねこ”がおやつを買うシーンから始まり、おやつを買った時に払った税金について問う問題からスタート。

解説ページでは、「税金って一体どういうものなの?」「一体全体、なんのために、誰のためにあるの?」などに関して、ひとことで簡単な「教え」とわかりやすいイラストで記憶の定着に結びつけます。
設問はどれも子どもたちにとって身近な設定で税金について問いかけ、選択肢はシンプルな2択形式になっているので、難しく感じてしまいがちな「税金」というテーマも、最後まで飽きずに取り組むことができます。

最終問題は、なんと!「うんこと税金の共通点」を問う問題!
一見、共通点なんてなさそうですが、あえてそこを問題に!子どもたちの思考力を鍛えます。

親子で気軽にチャレンジ!「うんこ税金ドリル」のWEBアプリ版♪


WEBアプリ版はブラウザ上で完結するオンラインゲーム形式です。おもちゃを買うシーンで「あなた(=プレイヤー)」とうんこ先生の会話から始まり、問題に入っていきます。

出題形式は◯✕(マルバツ)、2択問題、入れ替え問題など様々なパターンでとっても楽しい!
毎回11問がランダムに出題され、問題→解答選択→解説の流れを繰り返すことで、ゲームを楽しみながら税金の役割についての知識を身につけることができます。

※ゲーム利用料は無料です

「うんこドリル」って?

「うんこドリル」は、すべての問題と例文に「うんこ」を入れて作られた学習参考書です。
「勉強が嫌い…」という子どもたちを中心に、勉強を楽しいものに変え、子どもたちが勉強を好きになれるよう、子どもたちの目線で考え、子どもたちの味方になることを最重要に考えて作られています。
2017年3月に第1弾の「うんこ漢字ドリル」を発売後、約1か月半で100万部の発行となり、その後、算数や英語など教科を広げ、未就学児向けのドリルも刊行。
現在ではシリーズ890万部の発行を突破し、子供向け学習ドリルの新定番になりつつあります。
また、書籍外にも活躍の場を広げ、2019年1月には笑いながら学べる教育プラットフォーム「うんこ学園」を公開。法人や自治体・官公庁とのタイアップも多数展開しています。

【Information】

累計890万部を突破、小学生に大人気の「うんこドリル」と財務省主税局がコラボ!子どもから大人まで知っておいてほしい「税金」の知識を日本一楽しく解説!

■商品名
・「うんこ税金ドリル」(冊子版)
・「うんこ税金ドリル」(WEBアプリ版)

■「うんこ税金ドリル」WEBアプリURL
https://play.unkogakuen.com/manabi/game/tax_finance/

■財務省主税局HP
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/index.html

文/T-Y
※掲載の内容は2021年11月10日時点のものです

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2