ポケモンのマンホール「ポケふた」が近畿地方に初進出!ギャラドス発見のチャンス☆

ポケモンのマンホール「ポケふた」が近畿地方に初進出!ギャラドス発見のチャンス☆

全国で次々に発見されている、ポケモンが描かれたマンホール蓋「ポケふた」。
もぐらポケモン・ディグダが穴を掘った「しるし」ともウワサされています。

2018年12月に発見されて以来、9都道府県で確認されていました「ポケふた」ですが、今回、新たに滋賀県で発見されました!近畿地方で「ポケふた」が見つかるのは初めてのことになります。

近畿初の「ポケふた」に登場したのはギャラドス!

左:ギャラドスと色違いの赤いギャラドス 右:ギャラドス

新たに見つかった「ポケふた」に描かれていたのは、巨大な水棲ポケモンのギャラドス! 場所は滋賀県・大津市に位置する大津湖岸なぎさ公園で、目の前に琵琶湖が広がる景色にピッタリなポケモンです。発見された「ポケふた」は2点で、そのうち1つには色違いの赤いギャラドスも描かれていました。

これからも増え続ける「ポケふた」!

全国ですでに100枚以上が確認されている「ポケふた」。
1枚1枚がオリジナルデザインとなっており、同じ柄のものは1つもありません。
今後も何年、何十年にもわたって増えていくものと考えられています。

さらに「ポケふた」は順次、順次、スマートフォン向け位置情報ゲーム『Pokémon GO』に登場する「ポケストップ」になる予定とのこと!あなたの住む町にも、きっといつか「ポケふた」が見つかる日が来るはず!

 

【information】
「ポケモンマンホール ポケふた」
■設置場所一覧
・鹿児島県・指宿市:9枚
・岩手県:13枚
・香川県:17枚
・宮城県:15枚
・神奈川県・横浜市:5枚
・北海道:15枚
・鳥取県:14枚
・福島県:9枚
・東京都・町田市:6枚
・滋賀県・大津市:2枚
※神奈川県・横浜市の内4枚は期間限定のため、現在は設置されていません
■公式HP:https://local.pokemon.jp/manhole/

 

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

文/御杉重朗

※掲載の情報は2020年9月24日時点のものです

 

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2