ピングーの新しい魅力を探しに横浜赤レンガ倉庫へ行こう!! 貴重なアニメ制作資料がいっぱいの「40周年記念 ピングー展」

ピングーの新しい魅力を探しに横浜赤レンガ倉庫へ行こう!!  貴重なアニメ制作資料がいっぱいの「40周年記念  ピングー展」

スイス生まれの人気キャラクター「ピングー」の、40周年記念の展覧会「ピングー展」が、2021年12月24日(金)より横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース会場で期間限定で開催されます。

昨年8月の東京会場(松屋銀座)の「ピングー展」行ってきた現地レポートはこちら↓

【行ってきた】40周年記念ピングー展@松屋銀座〜展示編〜【現地レポ】

本物のクレイ人形やジオラマ、絵コンテ、撮影フィルムなど、ここでしか見ることができない「ピングー」の貴重な資料が大集合!

スイスの映像作家オットマー・グットマンによって誕生したストップモーション・アニメーション「ピングー」は、原型となるテストフィルムが1980年に制作されてから、2020年で40周年を迎えました。
今回の40周年を記念した展覧会「ピングー展」では、原作者オットマー・グットマン所縁の資料展示に加え、当時スタジオで使われた本物のクレイ人形やジオラマ、絵コンテ、撮影フィルムなど「ピングー」制作の貴重な資料約400点が大集合!
SNSで話題となったピングーの無邪気で多彩な表情を展示した「ピングー百面相」ほか、ここでしか見ることのできない展示となっています。

展覧会内容

【エントランス】

ピングーのオリジナルアニメーションでお客様をお出迎え! 南極に住むピングーと仲間たちの世界にご案内します。

▲オリジナルアニメーション

【第1章 BIRTH ピングー誕生秘話】

原作者のオットマー・グットマンにまつわるエピソードや制作資料などの初公開資料を展示します。
展示物:オットマー直筆の字コンテや直筆メモ入りポラロイドなど

▲原作者の直筆写真メモ

【第2章 CLAY クレイアニメーション】

実際に撮影で使われた貴重なクレイ人形を、エピソードと共に紹介。またピングーの原案となったパイロットフィルム、「南極からやってきたピングー」も公開しています。
展示物:クレイ人形やジオラマ、パイロットフィルムなど

▲ジオラマ

【第3章 STUDIO 魅力の詰まった制作スタジオ】

ピングースタジオで使用していた撮影台の模型を展示し、アニメーション制作過程や撮影方法を紹介します。
また、ピングーの無邪気で多彩な表情を集めた「ピングー百面相」や、アフレコシーンを映像で展示し、「表情」と「声」という3DCGアニメにも引き継がれている「ピングーのこだわり」を紹介します。
展示物:撮影台の模型、クレイ制作に使われた道具や資料、35ミリフィルム、ピングー百面相パネル、アフレコ収録シーン映像など

▲ピングー百面相

【第4章 ART PIECE ピングーのアートピース】

ピングーの伸縮自在で愉快な体の動きは、クレイならではの特性を活かした表現で、物語をより豊かにしている要素のひとつです。グーンと伸びたり、平たくつぶれたり、自由に表現された体の動きを「時間オブジェ」として紹介します。
また、作品を彩るクレイの小道具も展示します。
展示物:時間オブジェ(変形するクレイフィギュア)、小道具やクレイ作品、ピングースタジオの内部映像など

▲時間オブジェ

【第5章 3DCG 3DCGアニメーションとこれからのピングー】

2017年より日本で制作された3DCGアニメーション「ピングーinザ・シティ」は、クレイの質感やコマ撮りの動きなどの特徴を追求しながらピングーの世界観をCGで作り上げています。CGならではの躍動感と子供が共感しやすい職業をテーマに一層魅力を増したピングーの世界を映像や3DCGでピングーと楽しく触れ合うことができます。
展示物:オリジナル編集映像、3DCGを使った演出など

▲職業ピングーの3DCG映像

「ピングー展」開催記念!  横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館に、ピングーのオリジナルデザインのコラボレーション装飾も登場!

また、展覧会の開催を記念して横浜赤レンガ倉庫とのコラボレーション装飾も登場!
会期中、横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館の屋外ガラスの各所に、ピングーのオリジナルデザインの装飾がラッピングされます。
クリスマスデザインは、12月25日(土)までの装飾となりますので、どうぞお見逃しないように!!

実施詳細

日程:2021年11月6日(土)~2022年1月10日(祝月)
※クリスマスデザインのみ12月25日(土)まで
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館屋外ガラス各所

▲クリスマスデザイン ガラスボックス装飾(イメージ)

▲ピングーデザイン エントランス装飾(イメージ)

ピングーの新しい魅力を探しに、横浜赤レンガ倉庫で開催の「ピングー展」に遊びに行きましょう♪

「ピングー展」の前売券は、ローソンチケット(Lコード 38666)で10月28日(木)から販売中!  前売券は12月23日(木)までの販売となりますので、購入可能最終日のチェックはどうかお忘れなく!
40年たっても、動きや表情&キャラクター自体のかわいらしさなど、ちっとも色あせないピングーの新しい魅力を見つけに、ぜひ横浜赤レンガ倉庫で開催の「ピングー展」に遊びに来てくださいね!

 

【入場券購入に関して】
「ピングー展」の前売券は、ローソンチケット(Lコード 38666)で10月28日(木)から販売中! 12月23日(木)まで、ローソン・ミニストップ店内のLoppiで直接購入できます。
インターネット予約 https://l-tike.com/event/pingu-ex2021
※当日券は横浜赤レンガ倉庫の展覧会会場にて販売します。
【ピングーとは】

スイスの映像作家オットマー・グットマンによって誕生したストップモーション・アニメーション。1980年に「ピングー」の原型となるテストフィルムが制作されてから40周年を迎えました。

1990年以降、TVシリーズは世界155以上の国と地域で放送され、ペンギンの男の子「ピングー」と仲間たちが繰り広げるあたたかでユーモアある物語は、世界中の人々に愛されています。

2017年10月からは13年ぶりの新作となって「ピングーinザ・シティ」がNHK Eテレで放送開始となりました。

▼ピングーキャラクターサイト:http://www.pingu.jp/
▼ピングー公式Instagram(@pingu_jp):https://www.instagram.com/pingu_jp/
【information】
40周年記念 ピングー展

■期間:2021年12月24日(金)-2022年1月10日(祝月)
■時間:午前11時~午後5時/土・日は午後6時まで
(最終日は午後4時30分閉場)
※入場は閉場の30分前まで
※12月24日(金)、25日(土)は午後8時まで
※2022年1月1日(祝土)は閉場
■会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース
■所在地:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-1
■入場料(税込)/[]内 前売り料金:
一般 1,300円[1,100円]、 大学生 1,000円[800円] 、 高校生 700円[500円]、中学生 500円[400円]、小学生 400円[300円]  ※未就学児は無料
■前売券購入 : 12月23日(木)まで
・ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入
 ローソンチケット(Lコード 38666)
・インターネット予約 
https://l-tike.com/event/pingu-ex2021

展覧会記念 横浜赤レンガ倉庫コラボレーション
ピングーオリジナルデザイン装飾

■期間:2021年11月6日(土)~2022年1月10日(祝月)
※クリスマスデザインのみ12月25日(土)まで
■場所:横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館屋外ガラス各所

■「ピングー展」に関する問い合わせ先:
松屋銀座 コンテンツ事業部 TEL 03-3567-1211
URL https://www.matsuya.com/ginza/
■ピングーに関する問い合わせ先:
株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ
TEL:03-6738-8156
(受付時間:平日9:30~18:15、年末年始を除きます)
URL:http://www.scp.co.jp
■ピングーキャラクターサイト:http://www.pingu.jp/
■ピングー公式Instagram(@pingu_jp):https://www.instagram.com/pingu_jp/

© 2021 JOKER

文/中沢久美子

※掲載の情報は2021年10月31日時点のものです

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2