【スヌーピーミュージアム】新企画展「スポーツは⼈⽣のともだち」がスタート︕ スポーツを愛するスヌーピーたちの 楽しくちょっぴりおかしいエピソードを紹介!

【スヌーピーミュージアム】新企画展「スポーツは⼈⽣のともだち」がスタート︕ スポーツを愛するスヌーピーたちの 楽しくちょっぴりおかしいエピソードを紹介!

美術館・博物館等の運営に関する東京都のガイドラインに従い、6⽉1⽇(⽕)より営業を再開したスヌーピーミュージアム。

現在開催中の「スヌーピーと、きょうだい。」に続き、7⽉17⽇(⼟)〜2022年1⽉10⽇(⽉・祝)の期間で、新企画展「スポーツは⼈⽣のともだち」を開催します。

「スポーツ」を愛するスヌーピーたちを描いた貴重な約45点の原画が集結︕

スヌーピーミュージアムの企画展は、シュルツ美術館が所蔵する貴重な原画から構成されます。7⽉17⽇(⼟)から始まる新テーマは「スポーツ」。

作者チャールズ・シュルツが描く「PEANUTS(ピーナッツ)」のエピソードには、たとえ上⼿くいかなくてもスポーツを愛するスヌーピーやピーナッツ・ギャングが描かれています。

⼀⽣懸命でちょっぴりおかしいスヌーピーたちのスポーツのある⽇常を楽しんで︕ シュルツ氏のスポーツを楽しむ写真にも注目を!!

⼦どもの頃からゴルフや野球、テニスやアイスホッケーなど、さまざまなスポーツをこよなく愛したシュルツ⽒にとって、スポーツは「⼈⽣のともだち」でもありました。

貴重な約45点の原画からご紹介する、スポーツを楽しみ、時に⼀⽣懸命で、ちょっぴりおかしい、スヌーピーたちのスポーツのある⽇常を、じっくりとお楽しみください︕

また新企画展「スポーツは⼈⽣のともだち」では、スポーツを楽しむシュルツ⽒の写真も公開されますので、そちらもお見逃しなく︕

スヌーピーミュージアム企画展
「スポーツは⼈⽣のともだち」概要

会期 ︓2021年7⽉17⽇(⼟)〜2022年1⽉10⽇(⽉・祝)
時間 ︓10:00〜18:00(⼊場は17:30まで)
休館⽇︓8⽉17⽇(火)・2022年1⽉1⽇(土・祝)
内容︓「スポーツ」を愛するスヌーピーたちを描いた貴重な約45点の原画を展示︕

新企画展
「スポーツは⼈⽣のともだち」より
展示原画を紹介(一部)

1. 審判は⾒ていた。
ホームベース上ギリギリのプレーに、審判スヌーピーが冷静なジャッジ。

「ピーナッツ」原画 1954年6⽉22⽇

2. ともだちを讃えよう。
緊迫する試合を陰で⽀える「ボールバード」のウッドストックをたたえるスヌーピー。

「ピーナッツ」原画 1978年3⽉5⽇

3. ぺンギン・レース1R。
寒い⽇も外で遊ぶ⼦どもたち。お腹でスケートを楽しむのは⼈間だけではないみたい。

「ピーナッツ」複製原画 1957年1⽉1⽇

4. 泥まみれの⻘春。
アメフトが⼤好きなペパーミント パティは、泥だらけになってもへっちゃら。スヌーピーはそうでもなさそうですが。

「ピーナッツ」原画 1994年10⽉13⽇

5. 無名の新⼈、トーナメントへ。
ルーシーが⼤⼈に混ざってゴルフトーナメントに初出場。はたして結果は︖⼤⼈が(⾜元だけ)登場する貴重なコミックです。

「ピーナッツ」原画(部分) 1954年5⽉16⽇

スポーツを楽しむ作者チャールズ・シュルツ⽒の写真も公開︕

1. 従軍中の草野球でキャッチャーの守備につくシュルツ。


1944年頃 (C)Schulz Family Intellectual Property Trust. Courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center

2. テニスのシーンがあしらわれた「ピーナッツ」のTシャツを着るシュルツ夫妻。


1979年頃 (C)Alyce Sheehan. Courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center

3. 娘のジルとスケートボードを楽しむシュルツ。


1965年頃 (C)Schulz Family Intellectual Property Trust. Courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center

スヌーピーの最新記事をもっと読む→ #スヌーピー

いま読まれている関連記事はこちら↓

スヌーピーやPEANUTSの仲間たちと、東京を旅しよう♪Afternoon Tea×PEANUTS「SNOOPY IN TOKYO」は、東京の名所がモチーフのコラボレーションアイテム︕

 

【現地レポ】スヌーピー茶屋 京都錦店で、店舗限定グッズをチェックしてみた【PEANUTS】

スヌーピーミュージアムとは

スヌーピーミュージアムは、アメリカ・カリフォルニア州にあるシュルツ美術館の世界で唯⼀の公式サテライト(分館)として、同館が所蔵する原作コミック「ピーナッツ」の貴重な原画を展⽰するほか、作者チャールズ・シュルツ⽒に関するコーナーをはじめ、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなど、ピーナッツ・ギャングたちをダイナミックな展⽰でご紹介するミュージアムです。

スヌーピーミュージアム

所在地 ︓東京都町⽥市鶴間3-1-1
開館時間︓10:00〜18:00(最終⼊場は17:30)
休館⽇ ︓1⽉1⽇、その他年2⽇
アクセス︓東急⽥園都市線・南町⽥グランベリーパーク駅より徒歩4分
電話番号︓042-812-2723

スヌーピーミュージアム 6⽉1⽇(⽕)から営業を再開︕

スヌーピーミュージアムは、美術館・博物館等の運営に関する東京都のガイドラインに従い、6⽉1⽇(⽕)から営業を再開しました。

⼊館者数を適正に制御しつつ、開館時間はこれまでと同じく10:00〜18:00(⼊場は17:30まで)となります。
前売券は前⽉の1⽇10時から前⽇の20時まで購⼊いただけます。企画展「スポーツは⼈⽣のともだち」開催期間中の前売券も準備が整い次第、販売を開始します。

感染症対策に万全を期すため、検温やマスクの着⽤など皆さまのご協⼒をお願いいたします。

「ピーナッツ」とは

チャールズ M.シュルツ⽒が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは1950年。「ピーナッツ」が7つの新聞紙上でデビューを飾った時でした。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の⾜跡を残してきました。そして原作コミック連載満70周年を2020年10⽉2⽇にむかえました。これに伴い、2019年10⽉2⽇より70周年アニバーサリーイヤーがスタートしております。

【information】
スヌーピーミュージアム新企画展「スポーツは⼈⽣のともだち」
会期:2021年7⽉17⽇(⼟)〜2022年1⽉10⽇(⽉・祝)
時間:10:00〜18:00(⼊場は17:30まで)
会場:スヌーピーミュージアム
所在地:東京都町⽥市鶴間3-1-1
電話番号:042-812-2723
アクセス:東急⽥園都市線・南町⽥グランベリーパーク駅より徒歩4分
休館⽇:8⽉17⽇(火)・2022年1⽉1⽇(土・祝)
内容:「スポーツ」を愛するスヌーピーたちを描いた貴重な約45点の原画を展示︕

■「ピーナッツ」関連URL
・⽇本のスヌーピー公式サイト
https://www.snoopy.co.jp/
・⽇本のスヌーピー公式Facebookページ
https://www.facebook.com/SnoopyJapan
・⽇本のスヌーピー公式Twitter
https://twitter.com/snoopyjapan

© Peanuts Worldwide LLC

文/中沢久美子

※掲載の情報は2021年6月6日時点のものです

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2