パディントン™コラボレーション宿泊プランはイギリスのクリスマスをイメージ★今年のクリスマスはパディントン™と一緒に!【サンシャインシティプリンスホテル】

パディントン™コラボレーション宿泊プランはイギリスのクリスマスをイメージ★今年のクリスマスはパディントン™と一緒に!【サンシャインシティプリンスホテル】

11月27日(土)から12月25日(土)まで東京・池袋のサンシャインシティプリンスホテルに、「パディントン™」とコラボレーションした宿泊プランが登場!

サンシャインシティプリンスホテルに、ホリデーシーズンを盛り上げるキュートな特別ルーム「パディントン™コラボレーションルーム」が登場♪

首都圏12のプリンスホテルで行われている、イギリスの魅力を発信するフェア「British Fair 2021 Timeless U.K.」の一環として、サンシャインシティプリンスホテルは世界中で愛されるイギリス生まれの子グマの物語「パディントン™」とコラボレーション。

ホリデーシーズンを盛り上げるキュートな特別ルーム「パディントン™コラボレーションルーム」です!

ぬいぐるみやクッション、壁一面に飾られたイラストなど!   お部屋まるごとパディントン™が、あなたをお出迎え♪

コラボレーションルームに入ると、まずは大きなパディントン™のぬいぐるみがあなたを出迎えてくれます!

ベッドサイドの壁一面に飾られたさまざまなシーンのパディントン™のイラストや、今回の宿泊プランオリジナルのパディントン™のイラストが入ったクッション、タータンチェックのベッドスローが物語の舞台であるイギリスの雰囲気を演出します。

▲パディントン™コラボレーションルーム

▲ベッドサイドの壁一面に飾られた挿絵イラスト

▲宿泊プランオリジナルイラスト入りクッション

朝食には、パディントンの大好物をイメージした「マーマレードトースト」を紅茶と一緒にどうぞ♪

パディントン™は、マーマレードが大好き!!   朝食のメニューには、パディントン™の大好物「マーマレードサンドイッチ」をイメージした「マーマレードトースト」を特別にご用意!  ぜひ紅茶とともにお召し上がりください。

▲マーマレードトースト&紅茶の朝食

パディントン™に囲まれたお部屋で愉快な物語を読みふける…パディントン™に癒されるクリスマスはいかが?

コラボレーションルームにはパディントン™の児童小説も設置してあります!
パディントン™のぬいぐるみやクッションに囲まれたお部屋で壁のイラストを眺めながら、パディントン™が過ごした幸せなクリスマスのお話など愉快でほっこりする物語の数々を読みふければ、まるでロンドンでパディントン™と一緒に過ごしているような気分に♪

▲児童小説「パディントン」シリーズ(福音館書店)

コロナ禍で不安な状況が続く今、パディントン™まみれのお部屋で礼儀正しくもユーモアにあふれた、かわいいパディントン™に癒されるクリスマスを過ごすのはいかがでしょうか?

サンシャインシティプリンスホテル
パディントン™コラボレーションルーム 概要

【期間】2021年11月27日(土)~12月25日(土)
【料金】1室2名さま利用時 1名さま¥14,000より
【内容】
・パディントン™コラボレーションルーム1泊
・パディントン™の大好物「マーマレードトースト&紅茶」の朝食
・「パディントン」シリーズ児童小説のレンタル
【予約・問合せ】
サンシャインシティプリンスホテル 宿泊予約係
TEL : 03‐5954-2247(受付時間:10:00~17:00)

※料金には、1泊室料、朝食、消費税、サービス料が含まれてます。
※レストラン、宴会場等における食物アレルギー対応につきましては、食品表示法により製造会社等(当社の食材仕入先)に表示義務のある特定原材料7品目食物アレルギー(えび、かに、小麦、そば、乳、卵、落花生)のみとさせていただきます。特定原材料7品目の対応をご希望のお客さまは事前にお申し出ください。
※仕入れの状況により、メニュー・食材に変更がある場合がございます。
※上記内容は変更になる場合もあります。
※写真はイメージです。

【パディントン™とは】



イギリス人なら知らない人はいない、ママレード好きのクマ“パディントン™”。イギリスの児童文学の主人公で、作者はイギリスの作家マイケル・ボンドさん。

1956年のクリスマス・イブ、まだBBCのテレビ・カメラマンだったマイケル・ボンドさんは店の棚に小さなクマのぬいぐるみを見つけ、奥さんへのクリスマスプレゼントとして購入しました。
その当時パディントン駅の近くに住んでいたことから、そのぬいぐるみをパディントンと名づけました。すると、ひらめくものがあってボンドさんはパディントンという名のクマを主人公とした物語を書き始めました。そして、わずか1週間あまりで8話書き上げ、1958年に『A Bear Called Paddington(くまのパディントン)』が出版されました。

パディントンの出身地は“暗黒の地ペルー”。性格は好奇心旺盛で正義感が強く、礼儀正しい。好きな食べ物はママレードサンドイッチにココア、菓子パン。
おじいさんの古い古い穴だらけの帽子、赤い裏のついた青いダッフルコート、古いスーツケースがトレードマークです。

物語はブラウン夫妻が、パディントン駅のプラットホームで「どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。おたのみします。」と書かれた札を首から下げた、スーツケースにポツンと座っているクマに出会ったことから始まります。
ブラウン夫妻はそのクマにパディントンと名づけ、ウィンザー・ガーデン32番地にある自宅へ連れて帰り、家族の一員として迎えいれたのです。
けれども、パディントンの行くところ行くところで、大騒動が巻き起こります。

【information】

サンシャインシティプリンスホテルに、キュートな特別ルーム「パディントン™コラボレーションルーム」が登場♪

■実施ホテル : サンシャインシティプリンスホテル
■宿泊プラン名 : パディントン™コラボレーションルーム
■期間 : 2021年11月27日(土)~12月25日(土)
■料金 : 1室2名さま利用時 1名さま¥14,000より
■宿泊プラン内容 :
・パディントン™コラボレーションルーム1泊
・パディントン™の大好物「マーマレードトースト&紅茶」の朝食
・「パディントン」シリーズ児童小説のレンタル
■予約・問合せ先 :
サンシャインシティプリンスホテル 宿泊予約係
TEL 03‐5954-2247(受付時間:10:00~17:00)
■公式サイト : https://www.princehotels.co.jp/sunshine/

© P&Co.Ltd.2021

文/中沢久美子

※掲載の情報は2021年11月21日時点のものです

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2