「キン肉マン」のレアキャラ?”ティーパックマン”が今回の主役!初登場から41年の時を経て、ついにィーパックマンの頭部で紅茶を飲める時代がやってきた★

「キン肉マン」のレアキャラ?”ティーパックマン”が今回の主役!初登場から41年の時を経て、ついにィーパックマンの頭部で紅茶を飲める時代がやってきた★

大人気アニメ「キン肉マン」に登場する「ティーパックマン」がモチーフになった「ティーパックマンティーカップ」2種類が商品化!
発売日にピッタリの「喫茶店の日」である2022年4月13日(水)より、自社ECサイト「IRON FACTORY」、キャステムの実店舗である「metamate(日本橋・COREDO室町テラス 2階)」「キャステム京都LiQ(右京区西院)」にて販売を開始しました。
購入特典として先着500名の方には、スリランカ産のティーパックマン紅茶1袋が封入されています。

そもそも「ティーパックマン」ってどんなキャラ?

漫画「キン肉マン」に登場する正義超人。
身長170cm、体重78Kg、超人強度25万パワー、スリランカ出身。

頭は紅茶の入った巨大なティーカップになっており、紅茶を含んで鋼鉄のようになったティーバッグで相手を打ち据える。
第21回超人オリンピック1回戦で対戦したウォーズマンにベアークローで刺し貫かれ敗北し、ウォーズマンに紅茶を美味しくいただかれた。

ファンの愛情とこだわりがつまった「ティーパックマンティーカップ」


ゆでたまご・作画担当である中井義則先生の描く第21回超人オリンピックに登場したティーパックマンを、キャステムのデジタル原型師が忠実に3Dデータ化し、そのデータを高精度の3Dプリンターで出力することで原型を製作。
3Dデータ化の際にはTwitterでアンケートを取り、ファンの意見が採用されるなど、原作好きにはたまらない作品に仕上がっています。

MADE IN 「TAJIMI JAPAN」


焼き物のまちとして、1300年以上の長い歴史を持つ岐阜県多治見市。
そこで100年以上もの間ものづくりを続けているのが「丸朝製陶所(まるあさせいとうじょ)」です。
生地の成形から装飾まで、細かなデザインも実現させる職人の技術。
国内だけでなく、海外からも多くのオーダーを受けるカップ専門の窯元です。
丸朝製陶所でつくる多治見焼は、最高1320℃の窯で24時間かけてしっかりと焼成されます。
高温でじっくり焼き締めることにより、土の中にある不純物をできる限り燃焼させ、より密度の高い品質を実現させます。
手間を惜しまず、コストと時間をかけより品質の高い製品作りを心がけているからこそ、ティーパックマンティーカップは100年もつ磁器として、世代を超えて受け継いでいける商品に仕上がりました。


ゆでたまご先生・キャステム・丸朝製陶所・ファン…「キン肉マン」のキーワード「友情パワー」をまさに発揮して商品化された「ティーパックマンティーカップ」。
原作のウォーズマンの気持ちになって紅茶を飲める時がついにやってきました。
別売のベアークローフォーク、ティーパックマン紅茶も購入すれば、より原作に近い気持ちに浸れます。
「キン肉マン世代」の方への贈答用にもおすすめです。

<商品概要>
ティーパックマンティーカップ
・種類   :黒目Ver.と白目Ver.の2種
・販売価格 :2,420円(税込)
・素材   :磁器
・サイズ  :口径/約9.8cm、長径(取っ手含)/約11.5cm、高さ/約5.5cm
・重量   :約170g
・機能   :電子レンジ・食洗器可 / 直火・オーブン不可
・生産国  :日本

【Information】

「キン肉マン」シリーズへの初登場から41年。ティーパックマンの頭部で紅茶を飲める時がついに来た!

■販売開始日
2022年4月13日(水)より販売中

■販売店舗
・metamate
東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス 2階
・キャステム京都LiQ
京都府京都市右京区西院平町22
・キャステム本社
広島県福山市御幸町中津原1808-1

■販売サイト
・キャステムECサイト
https://www.ironfactory-castem.com/
・楽天市場
https://www.rakuten.co.jp/ironfactory-castem/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B09XHLYZLS?ref=myi_title_dp

文/T-Y
※掲載の内容は2022年4月14日時点のものです

広告ウィジェットエリア1




関連作品・キャラクター
広告ウィジェットエリア2